リアップの副作用で顔や手足がしびれるのはなぜ?

2017年11月12日

リアップの副作用に「しびれ」というものがあります。

 

今回は、リアップを使い始めて顔や手足がしびれるようになってしまったという方に向けて、リアップのしびれの副作用についてまとめます。

 

リアップでしびれの副作用があるのはなぜ?

リアップの使用者の中には、

  • 顔がしびれてきた
  • 手足がしびれてきた

というようにしびれを感じる人がいます。

 

なぜしびれるのか?というと、リアップの成分である「ミノキシジル」によるものです。

 

ミノキシジルはもともと、高血圧患者のための血圧を下げる薬として開発されました。ミノキシジルには、血管を拡張する作用があります。血管を拡張することで、血流をよくし、血圧を下げるのです。

 

血流が良くなることで、髪に栄養が運ばれるようになり、薄毛が改善するということで、育毛剤・発毛剤にも使用されるようになりましたが、もともとは血管を広げ血圧を下げる薬なのです。

 

ミノキシジルが血管を広げると、血流が増え、心臓に負担がかかります。ミノキシジルによるしびれは、ミノキシジルによる心臓への負担が一番の原因とされています。循環器官に負担がかかることで、手足がしびれが起こります。

 

リアップのしびれの副作用が出た場合使用を中止した方がいい

リアップ(ミノキシジル)の使用により、手足や顔にしびれが出た場合はリアップの使用を中止した方がいいです。

 

先ほど、手足のしびれは循環器官に負担がかかっているからと述べましたが、循環機関への負担がさらに増えると、心筋梗塞や脳梗塞の危険性も出てきます。(ミノキシジルが配合された薬による死亡例もあります)

これ以上副作用を出さないためにも使用を中止した方が安全です。

 

使用を中止した場合は、1カ月から半年でしびれが収まる場合が多いです。もししびれが続くようなら、ミノキシジルを使用していたことを伝えて、病院で見てもらった方がいいですね。

 

副作用が出ても薄毛治療を続けたい場合

薄毛治療を続けたい場合は、薄毛の治療を継続して行いたい場合は、ミノキシジルが配合されていない治療薬を試すことをおすすめします。リアップをやめて新しく違う治療薬を始めたとしても始めた治療薬にミノキシジルが含まれていた場合は同様にしびれをきたす可能性が高いので、ミノキシジルが配合されていない薬を試してみてください。

 

ミノキシジルが含まれていなくても、チャップアップ(CHAPUP)のように副作用がほとんどなく、口コミが高い育毛剤もあります。是非自分に合っていそうな育毛剤を探してみてください。

 

ちなみに、私はAGAスキンクリニックで薄毛の治療に取り組んでいます。

AGAスキンクリニックの体験レポート

個人個人に合った薬を提案してくれますし、副作用についても丁寧に説明を受けることができますよ。不安な方は病院での治療を視野に入れてもいいと思います。

 

まとめ

今回は、リアップの副作用「しびれ」についてまとめました。

  • リアップの副作用「しびれ」はミノキシジルによる心臓への負担増加のため。
  • しびれがでたら使用を中止すること。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links