AGAでミノキシジルのみの治療は可能?効果や副作用も調査

2017年11月2日

AGA治療でミノキシジルのみ・ミノキシジルだけというのは可能なのでしょうか?

 

ミノキシジルのみの治療は可能?

AGAをミノキシジルのみで治療することは可能かというと、治療に取り組むことは可能ですが、治るかどうかはわかりません。

 

ミノキシジルはAGAの治療に効果高いとは言われていますが、やはり個人差は大きいです。

 

ミノキシジルには外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があり、リアップなどの外用薬はドラッグストア等で購入することができます。

 

内服薬は、クリニックで処方してもらえます。クリニックでミノキシジルだけを処方してほしい場合は、その旨を伝えれば、ミノキシジルだけを処方してもらうことは可能です。AGAクリニックには薄毛の専門家がいるので、ミノキシジルだけの効果や副作用についても専門家の観点で詳しく説明してくれます。

おすすめのAGAクリニック:AGAスキンクリニック

 

ミノキシジルのみの治療による薄毛への効果は?

AGA治療といえば、「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。

 

「フィナステリド」と「ミノキシジル」の効果の違いはというと、

  • フィナステリドは、脱毛を抑制する効果(男性ホルモンが脱毛ホルモンになるのを抑制する)
  • ミノキシジルは、頭皮の血行を良くして発毛を促進する効果

 

ミノキシジルのみで治療する場合、発毛の促進のみで、薄毛治療を行うことになります。フィナステリドによる、脱毛の抑制は行わないということですね。極端に言うと、抜けるのが早いか、生えるのが早いかという戦いになります。

 

ミノキシジルの効果を詳しく見てみよう

さらにミノキシジルの効果を詳しく見てみましょう。

 

ミノキシジルの主な効果は、

  1. 血管を拡張し血の流れを良くする効果
  2. 毛乳頭細胞を刺激する効果

に分けることができます。

 

血の流れをよくする効果については、血の流れをよくすることで、髪への栄養をきちんと運ぶことができます。逆に血行が悪いと、髪への栄養が運ばれず髪が育たなくなります。

 

毛乳頭細胞を刺激する効果については、毛乳頭細胞を刺激することで成長因子を分泌させ、髪が薄い部分の髪の成長を促進することができます。

 

効果も多いミノキシジルですが、副作用もあります。

 

ミノキシジルの副作用も知ろう

外用薬と内服薬で副作用は異なります。

 

外用薬の副作用だと、「頭皮の発疹や発赤」、「かゆみ・ふけ」、「頭痛」など。

内服薬の副作用だと、「動機」、「めまい」、「多毛」など。

 

また、副作用ではないですが、未成年は絶対に使用しないようにしてください。というのは、安全面で未成年のデータがとられていないからです。

例えば、ミノキシジルが使われていない育毛剤だとチャップアップ(CHAPUP)が人気ですよ。

 

まとめ

今回は、ミノキシジルのみ・ミノキシジルだけでAGA治療は可能なのか?について調査しました。

まとめると、

  • ミノキシジルのみでAGA治療に取り組むこと自体は可能
  • ミノキシジルの発毛効果は期待できる
  • 副作用も知ってから使用を検討しよう

でした。

 

病院に行くことなく個人で簡単に取り組める方法だと、頭皮マッサージやひまし油が有名です。ひまし油は簡単に取り組めるので取り組んでいる人が多いです。

ひまし油の効果は嘘?本当?口コミを調査

頭皮の硬さの基準は?ハゲる目安や柔らかくする方法も

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links