フィナステリドの子作り(子どもや胎児)への影響と副作用は?

2017年11月19日

今回は、AGA治療の代表薬、フィナステリドを服用した際のパートナーとの子づくり、生まれてくる胎児・赤ちゃんへの影響についてです。将来子どもが欲しい人は、服用による子どもへの影響が不安だと思います。そこで、フィナステリドと子作りの関係を紹介します。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドを服用の効果や副作用による身体への影響について解説記事を掲載しました。

フィナステリド服用の効果と副作用の影響を解説!AGAの抜け毛抑制と薄毛改善する発毛薬

記事で紹介した副作用には、「男性不妊症」が含まれています。そのため、子どもが欲しいと思っている人は、この副作用がとても気になり、心配されると思います。特に、薄毛で悩んでいる人は、今子作りはしていなくても、将来的には子どもが欲しいと思っている人も多いです。私も現在服用していますが、子供はやはり作りたいと思っています。そこで、フィナステリドが含まれている医薬品「プロペシア」やAGAスキンクリニックの「リバース(Rebirth)」を服用した際の、子作りへの影響を紹介します。

 

AGAスキンクリニックで医師に言われたこと

私がAGA治療を決心し、AGAスキンクリニック秋葉原を受診しました。問診と医師の診断を受け、フィナステリドやミノキシジルによる治療を始めるにあたって、確認されたことがあります。それは、「子供を作る予定はありますか?」です。「ありません。」と答えました。

 

AGA治療中の子作りは推奨できない

しかし、AGA治療(リバース服用)が、子作りや生殖能力に影響するのか、とても気になっていました。そこで、初診の際、AGAスキンクリニック秋葉原の先生に確認しました。

「AGAを治療する薬を服用すると、子作りはできないのですか?」

先生のお話では、「赤ちゃんへの影響が出たという症例はないけど、推奨できない」という回答でした。というのも、フィナステリドを服用しながら、子作りし、胎児への影響を調べるという臨床実験を行うことは不可能です。そのため、男性側のAGA治療薬服用中に子作りした場合、胎児にどのような影響を及ぼすかは分かりません。性行為を通じてパートナーがフィナステリドの影響を受ける可能性もあります。そうした場合、医師の先生としては、推奨しないといったスタンスを取るしかできないみたいでした。

AGAスキンクリニック初診の内容をまとめた記事はこちら→AGAスキンクリニックの体験レポート!

 

フィナステリドは、女性(特に妊婦)にはNG

なお、AGAスキンクリニックのAGA治療薬リバースにも含まれる、フィナステリドは抜け毛を抑止し、薄毛改善する薬です。日本皮膚科学会に所属する医師が策定した、AGA治療のガイドラインでも、フィナステリドは、男性向けとしてA評価を獲得しています

しかし、フィナステリドには1点絶対に気を付けないといけないポイントがあります。それは、フィナステリドは男性にはA評価ですが、女性にはD評価です。これは女性が服用していはいけない薬になっています。特に、妊婦の女性の場合、フィナステリドを服用すると、お腹の中の胎児への影響もあります。フィナステリドの効果によって、赤ちゃんの生殖器に異常が生じる恐れがあるそうです。

 

フィナステリド服用していて、服用をやめたら?

それでは、薄毛治療のためにフィナステリドを服用している人が、パートナー・配偶者と子どもを作ろうと思い、フィナステリド服用をやめたらどうなるでしょうか?前述のAGAスキンクリニックの医師のお話では、「フィナステリド服用をやめて、1か月程度経過すれば問題ありません。」ということでした。フィナステリド服用しての効果は、それほど長期間残るものではないそうです。

そのため、フィナステリドを服用していても、服用をやめれば、将来の子どもへの影響はないそうです。

 

フィナステリド服用をやめれば、問題なかった実例紹介

それでも、フィナステリドの副作用が心配な人に私の周りのケースを紹介します。AGA治療を行い、フィナステリドを服用していた、職場の先輩です。私がAGA治療を受けるにあたっても、いろいろ質問したり、相談していました。その人は、2年以上フィナステリドを服用していました。しかし、結婚を機にフィナステリドをやめ、その後めでたく男の子の赤ん坊が誕生しています。特にフィナステリドの副作用による、子どもへの影響もなかったそうです。病気や障害もなく、健康にすくすく育っています。

フィナステリド服用による胎児への影響は、絶対ないと言い切ることはできません。しかし、AGAスキンクリニックの医師の回答や、今回紹介した人のような、子どもへの影響がなかったこともあります。そうした点から、心配しすぎることはないと思っています。

 

フィナステリドの子ども・胎児への影響まとめ

今回、フィナステリドの副作用の1つである、男性不妊症の中で、子どもへの影響についてまとめました。

AGAスキンクリニックの医師に子作りについて質問したところ、以下のことが分かりました。

  1. フィナステリドは男性には良いが、女性は服用NG
  2. 妊婦が服用すると、胎児に生殖器異常の障害が発生する恐れ
  3. フィナステリド服用している男性には、子作りを推奨できない
  4. 服用をやめ、1か月程度経過すれば、子作りしても問題ない

服用中は気を付けられますので、一番気になるのは、4番だと思います。

「本当に大丈夫?フィナステリドが将来の子作りに影響しないか?」

そう心配するのは、最もだと思います。私も治療するにあたって、その点はとても不安でした。なぜなら、服用による影響は、将来に起きるため、今すぐはわからないことだからです。しかし、AGA治療でフィナステリドを2年以上服用していた先輩が、服用をやめたあと健康な赤ちゃんを授かったという話を聞きました。その話があったので、AGA治療薬への不安は解消でき、薄毛治療を始めることができました!

薄毛が心配・不安だけど、薬の副作用が心配な場合、AGAの専門病院では、無料カウンセリングで相談を受けてくれます。ぜひ、治療を考えている人は、まず自分が感じている不安や疑問点を、病院の医師にカウンセリングで相談することをオススメします。

 

私も服用している「リバース」による薄毛治療は、AGAスキンクリニックで受けることができます。AGA治療に興味がある人は無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか→AGAスキンクリニックの無料カウンセリングはこちら

Sponsored Links